山﨑アトリエ

家づくりの考え方
建築は施主の生活の背景であると考えます。
そのためには、主張しすぎず、機能的に合理的であり、かたち・素材・色などシンプルで ある方が良いと思います。
具体的には、限られたコストのなかで優先順位を決めていただき実現の可能性を探っていきます。
各要素の繋がり、寸法などをどうあるべきか慎重に検討し、それらを積み上げて建築を組み立てていきます。
基本となる方針を決めて、迷ったときはその方針と照らし合わせ、方向がぶれないように考えます。
施主と設計者は、共に考え、悩み、決断していく関係でありたいと思っています。

自身の作風について
シンプルな構成を心掛けています。
工法は、ローコストが優先される場合は在来木造を採用します。
また、コストよりも特殊な設計条件が優先される場合は鉄骨造を採用します。
それぞれの状況に対して、より良い工法を選択する様にしています。
そして、いずれの場合においても計画全体のバランスに配慮しながら、できる限り既製品の選定に留まるような状態にならない様にしたいと考えています。
そうすることで建築設計者としての職能を発揮できると思っています。
 

作品


TO邸 図書室 YH邸
TO邸改修 紀州材の図書室 YH邸
既存住宅の改修です。建築主のお母様のために床の段差を無くし、LDKと浴室・トイレ等の水回りを一新しました。既存屋根・天井を撤去し、梁を現し、トップライトを設け、日差しが差し込む開放的な空間としました。 公民館の一画を改修しました。床材は50%圧縮紀州杉材のフローリング張りとし、家具と内装仕上げ材には紀州桧集成材を採用しました。和歌山県産品にこだわった、木のぬくもりを感じられる図書室としました。 熊野古道を望む山間に建つ住宅です。稜線に馴染む形体とし、その形体を生かし、各室の空間ボリュームに変化をつけました。自然と風を通すことができる開口部の配置とし、その開口部には積極的に木製建具を採用しました。


タニガキ建工 本社 白崎海洋公園展望台 地域交流施設 ゆらっと紀州 産品販売所
タニガキ建工 本社 白崎海洋公園展望台 地域交流施設 ゆらっと紀州 産品販売所
防災事業を中心として、独自技術の開発もしつつ、公共事業に携わっておられる会社の本社移転に伴う事務所の新築です。前面道路との段差を積極的に計画に取り込み、企業のシンボルツリーを植え、豊かなアプローチを設えました。 和歌山県の自然公園にも指定されている白崎海洋公園内の展望台を改修しました。来客の安全を確保しつつ、雄大な景観を眺めることを阻害しない形状、そして過酷な環境に出来る限り耐え得る素材を検討しました。 築100年以上の民家を地域交流施設として整備しました。旧長屋門の構造体を生かしつつ、地域の産品販売所として改装しました。施設の中心は中庭であると捉え、駐車場側ではなく、あえてそちらへ向けて開いた構成としています。


地域交流施設 ゆらっと紀州 公衆トイレ 地域交流施設 ゆらっと紀州 多目的室棟 MT邸
地域交流施設 ゆらっと紀州 公衆トイレ 地域交流施設 ゆらっと紀州 多目的室棟 MT邸
築100年以上の民家を地域交流施設として整備しました。中庭の一角に公衆トイレを新築しました。形体、外壁色等に配慮し、古民家らしい佇まいを目指しつつ、内部は近代の素材を積極的に用い、これからの建築であることの表現としました。 築100年以上の民家を地域交流施設として整備しました。旧の蔵、2棟を連結、外装を復旧し、内部を展示等の多目的に使用することができる部屋としました。敷瓦や漆喰シートを採用し、新旧素材のバランスを保つよう配慮しました。 定年を機会に、生れ育った地に帰ることを決めたご夫婦のための住宅です。そこには建築主のお母様が住まわれている母屋があります。その母屋との距離感を大切に考えながら周辺環境に馴染む建築を考えました。


石源石材店 消防車庫 Tオフィス計画
石源石材店 消防車庫 Tオフィス計画
鷲峰山興国寺の門前に代々営まれている石材店の作業場と住居を兼ねた建築です。住居部分は2階にあり、プライバシー確保のため前面道路に対して閉じていますが、中心にテラスを配することにより室内に光や風を導いています。 来たるべき東南海、南海地震に備え、各地区ごとにある消防車車庫と防災倉庫を整備する一連の事業です。それぞれの地区の環境に合せつつ、違和感なく馴染むように素材、色に配慮し、シンプルな形状としました。 従業員の増加に対応するため、オフィス棟を増築の新築する計画案です。新旧建物の間を多目的に利用することが出来る中庭として整備します。長期事業計画に則り、現在、事前の準備を順次進めています。


KT計画 KPカフェ計画
          
KT計画 KPカフェ計画
眼下に河川を望む丘陵地に、眺望を楽しみながら暮らすための住宅の計画案です。斜面にシンプルな直方体を置き、南面は全面開口とし眺めを確保、西面にはルーバーを設け日射を制御する考えです。 もと陶芸家の工房であった建物をカフェに改装する計画案です。建築主がセルフビルドする為、竣工時期は未定ですが、和のテイストを持たせたデザインで、地域の人々が気軽に集える空間を目指しています。


プロフィール
山﨑 雅史
一級建築士 
MASAFUMI YAMASAKI
資 格
□日本建築家協会登録建築家
□一級建築士
□インテリアプランナー
□福祉住環境コーディネーター2級
□木造住宅耐震診断士

主な活動
□和歌山県建築士会 日高支部 理事
□日建学院 講師
□紀州ビジネスクラブ 幹事
□由良町商工会 会員
□建てようネット 登録建築家

経 歴
1969年 和歌山県生まれ
1992年 金沢工業大学工学部建築学科 卒業
1994年 金沢工業大学大学院工学研究科
修士課程建築学専攻 終了
1994~2006年 建築設計事務所勤務
2006年 山﨑アトリエ開設



山崎アトリエ


所在地 〒649-1103和歌山県日高郡由良町門前549-1
TEL/FAX TEL:0738-65-0520 FAX:0738-52-9768
E-mail info@yam-atelier.rdy.jp
業務内容 建築の企画・設計・監理
登  録 和歌山県知事登録 第(ト)896-3号
建築士賠償保険加入事務所



コンタクト



山﨑アトリエ 一級建築士事務所
〒649-1103和歌山県日高郡由良町門前549-1 TEL:0738-65-0520 FAX:0738-52-9768
Copyright(c)2011 YAMASAKI ATELIER. All Righte Reserved.